中野泌尿器科医院

電話でのお問合せ
0467-23-0332

xxxx

日帰り前立腺生検

日帰り前立腺生検

当院では日帰りの経直腸超音波ガイド下前立腺針生検を行っています。
時間はお昼12時から始めます。生検を行っている時間は5-10分です。
生検後1時間休んでいただき、直腸出血や、血尿の有無を確認し午後2時前には帰っていただいています。

検査方法

  1. 痛み止めとして点滴から精神安定剤を使用します。そのため検査終了後、頭がぼーっとしたり、足元がふらつくことがありますので、
    原則ご家族の方とご一緒に来院してください。
  2. 尿をためた状態で、お産の姿勢を取り、肛門から挿入した超音波の機械で前立腺内部を観察し、前立腺の組織を概ね6箇所針で採取します。
  3. 検査時間は 5-10分くらいです。
  4. その後出血の有無を確認しおおよそ1時間で帰宅していただきます。
  5. 病理診断の結果は2週間後説明いたします。

合併症

出血性合併症(尿道出血、血尿、血便、血精液症)

血尿の程度で軽微で処置を要することはありません。直腸から前立腺に向かって針を刺しますので、痔の血管が拡張している方などで、肛門からの出血が強い場合は入院が必要となることもあります。

発熱

生検の時は大便の通り道から針を刺しますので、細菌を前立腺に押し込み前立腺炎を引き起こす危険性があります。感染予防のために検査前から抗生剤の点滴を行います。前立腺炎で入院が必要になることもあります。

排尿困難

前立腺に針を刺しますので前立腺がむくんで尿が出にくくなることがあります。